セレブ・インディア

東京都台東区上野5-5-10 御徒町永谷タウンプラザ905
受付時間:10:00-18:00(土日祝日を除く)

お気軽にお問合せください

03-6677-7773

【臨時休業のお知らせ】      2019年12月19日(木)は臨時休業とさせて頂きます。
【年末年始休業のお知らせ】    2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで、冬季休業とさせて頂きます。
                                                   メールでのお問合わせは随時受け付けております。

祝!世界遺産!ル・コルビュジエの街
チャンディガールとアーメダバード 5泊7日

東京・上野にある国立西洋美術館は、フランスの建築家ル・コルビュジエ設計で、2016年にユネスコ世界遺産に登録されました。日本にある建築物が世界遺産に登録されるのは嬉しいニュースですね。そのコルビュジエが都市計画を手掛けた街がインドにあります。「チャンディガール」という名のこの街は、コルビュジエファンはもちろん、建築ファンにとっても一度は訪れたい魅力的な街です。このツアーではチャンディガールと、コルビュジエの建てた美術館などがあるアーメダバードを巡ります。

イギリスの植民地だったインドが独立したのは1947年。パキスタンとの分離独立で、肥沃な土地であったパンジャブ州は2つの国家に分断されてしまいました。州都ラホールはパキスタンに属することとなり、インド側のパンジャブ州は新しい州都を作る必要に迫られました。時の首相ネルーは、新州都を新生インドの象徴となる、新しい都市にしたいと考えます。紆余曲折を経て、最終的に白羽の矢が立ったのが、スイス系フランス人の建築家ル・コルビュジエでした。コルビュジエは以前より都市計画に大きな関心を持ち、ヨーロッパで多くの計画を立てていますが実現には至っていませんでした。この話が舞い込んだ時、彼はすでに62歳。その後14年をかけて23回インドを訪れ、次々とプロジェクトを進めていきます。稀代の建築家が晩年の情熱を注ぎこんで完成したインドの新都市。碁盤の目のように整然とした町は現在、パンジャブ州と、同州から分離したハリヤナ州の2つの州都を兼ねています。

チャンディガールの見どころ

「街全体をキャンバスに仕立てた、巨大なアート作品展」とも言えるチャンディガールのメインスポットは、下記4カ所です。

●高等裁判所

入口から続くスロープを上がっていくと、突然巨大な3本の柱が眼前に現れます。

●合同庁舎

コルビュジエがヨーロッパに多く作った集合住宅のような外観。内部も一部見学できます。

●州議会議事堂

内部は政府機関とは思えないモダニスムのデザイン。残念ながら撮影禁止です。

●開いた手のモニュメント

開かれた社会への象徴。広々とした空間で風向きに合わせて回るように作られています

●コルビュジエ・センター ―― 都市計画プランや建設の歴史に関する資料が揃っています。

●アートギャラリー ―― 当時の写真や、建築の模型が展示されています。

●ロックガーデン ―― コルビュジエとは直接関連しませんが、見逃せないスポット!

市の道路検査官だったネック・チャンドが、新都市建設に伴って出される廃棄物や、家庭からのゴミなどを集め、1人密かにコツコツと作り続けた奇怪なアート空間。ゴミや石ころで作った人や動物の彫刻を並べる場所として、なんと18年もの長きに渡り、違法な緑地開拓を続け、5ヘクタール近くまで拡張。ついに見つかり取り壊しの危機に瀕するも、知事の英断で、正式に市の公園と認定されました。

アーメダバードの見どころ

繊維業で栄えた町アーメダバード。コルビュジエは、ショーダン邸、サラバイ邸など個人の邸宅を手掛けていますが、現在では見学が難しいようです。ここで見るべき彼の建築物は下記の2か所。

●繊維業会館

宙に浮いたような入口のドアや階段、強烈な日差しを緩和するファサードが印象的

●サンスカール・ケンドラ博物館

建物の保存状態があまり良くないのが残念至極。

《アーメダバードで見られるコルビュジエ以外の重要建築》

●インド経営大学院アーメダバード校

ルイス・カーンが設計したインド最高学府の一つ。内部が見学できます。

●バルクリシュナ・ドーシ建築デザイン事務所

コルビュジエの直弟子ドーシの事務所で、多くのスタッフが働いています。

●ガンジー労働研究所

ドーシが設計した、労働者の教育、職業訓練などを目的とする州政府の施設。

《500年前の木造建築が保存される旧市街地を歩く》

●アーメダバード・ヘリテ-ジウォーク
アーメダバードは1411年に建設された、古い歴史を持つ街です。その旧市街をめぐる、ヘリテ-ジウォークは必見のコース。狭い路地に歴史的建造物がひしめくレトロな街並みを歩きます。かつて富裕な商人達が暮らした木造屋敷は、微細な彫刻が建物全面に施された非常に珍しいものです。

デリーでは2つの世界遺産にご案内

首都デリーの都市計画にも多くのストーリーがあります。ニューデリーにある2つの世界遺産にご案内するほか、町のランドマーク的モニュメントを車窓よりご覧頂きます。

●フマユーン廟
●クトゥブ・ミナール

ル・コルビュジエの街
チャンディガールとアーメダバード 5泊7日 日程表

スケジュール

食事

宿泊都市

1日目


夕刻 成田空港発、エアインディア直行便にてデリーへ
   到着後、専用車にてホテルへご案内

 

× / × / 機

デリー泊

2日目


早朝 列車にてチャンディガールへ
   到着後、宿泊ホテルへご案内致します
午後 ル・コルビュジエ建築視察
   
裁判所、州庁舎、州議会議事堂
 

朝 / 昼 

チャンディガール泊

3日目


午前 チャンディガール観光
   
博物館&アートギャラリー、
   ル・コルビュジエ・センター、ロック・ガーデンなど訪問
午後 列車にてデリーへ 到着後、オールドデリー観光
   ジャママスジッド,チャンドニーチョーク,レッドフォート等

 

朝 / 昼 

デリー泊

4日目


午前 国内線にてアーメダバードへ
   到着後、ル・コルビュジエ建築視察
   サンスカールケンドラ博物館、アムダバドニグファ、
   繊維業者協会会館、ガンジー労働研究所、インド経営大学
   (IIM) 
 

 朝 / 昼   

アーメダバード泊

5日目


終日 アーメダバード市内散策と建築視察
   市内の歴史ある建築物などを歩いて見学します
   ドーシデザインスタジオ、サバルマティアシュラム、
   ジャミジュマモスク、ダーダハリ階段井戸など

 

朝 / 昼 

アーメダバード泊

6日目


早朝 国内線にてデリーへ
   到着後、デリー市内観光
   
世界遺産クトゥブ・ミナール、世界遺産フマユーン廟、     インド門、大統領官邸・国会議事堂(車窓より)など
夕刻 空港へ移動 夜、国際線にて帰路へ
 

 朝 / 昼  

機内泊

7日目


午前 成田空港到着
   お疲れ様でした!

 

 

<日本語ガイド付プランです>※価格はご出発時期や内容によって変わりますので、お問合わせください。

 

【ご旅行参考代金】

ホテルクラス 3つ星 4つ星 5つ星
2名様1室ご利用 1名様参考代金 ¥250,000- \270,000- \300,000-

【代金に含まれるもの】 
国際線、国内線、空港利用料、燃油サーチャージ、宿泊費、食事(朝5昼5夕5)、日本語スルーガイド、
記載の観光地入場料、記載の専用車、建築視察手配料、ビザ取得費用

【代金に含まされないもの】
ガイド・ドライバーへのチップ、個人的に依頼されるもの(ランドリーやルームサービス等)および、
それにかかるチップ、旅行保険

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6677-7773

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

03-6677-7773

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。