セレブ・インディア

東京都台東区上野5-5-10 御徒町永谷タウンプラザ905
受付時間:10:00-18:00(土日祝日を除く)

お気軽にお問合せください

03-6677-7773

【臨時休業のお知らせ】      2019年12月19日(木)は臨時休業とさせて頂きます。
【年末年始休業のお知らせ】    2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで、冬季休業とさせて頂きます。
                                                   メールでのお問合わせは随時受け付けております。

オリジナル企画 ツアーレポート

グレートアース・インディア 2016
ツアーレポート Part1

マウンテンバイクで、インドの乾いた大地を駆け抜ける
一大イベントがついに実現しました!!

今回の舞台となったのは、インド北西部に位置するマハラジャの国、ラジャスタン州。インド最大の面積を持つ同州は、エキゾチックな文化と波乱万丈の歴史に彩られた、インドで最も魅力ある場所の1つです。砂漠気候に属し、雨期以外はほとんど雨が降らず、夏は気温が50度を越え、冬は0度近くにまで下がる、過酷な環境にさらされた土地でもあります。

今回、乗り込んで来たのは、やる気満々のグレートアースの面々。
どんな珍道中が待ち受けるやら・・・

 

●コース 
デリー(国内線) → ジョードプル~ウダイプル (陸路)→ (国内線)デリー
ブルーシティと呼ばれるジョードプル、湖に浮かぶレイクパレスが有名なウダイプルまで、全長300kmの距離を、途中車両での移動を挟みながら約100kmを走ります。

 

【初日 成田からデリーへ】
デリー空港到着後、早速両替カウンターへ。直前に実施された高額紙幣流通停止のため、両替所でもお金が足りない模様。1人11,000円を6000ルピーに交換する、という定額のみの両替です。発行されたばかりの新2000ルピー札を1人3枚受け取って終了。電撃的に実行に移された驚きの政策の影響を、ツアー中あちこちで目撃することになります。ホテルに到着後、まずはインドのポピュラーなビール、キングフィッシャーで、無事到着の乾杯!

ごった返す空港の両替カウンター

ビールがうまい!!

【2日目 混沌たるオールドデリー、そして青空が澄み渡るブルーシティ・ジョードプルへ】
翌日の朝は、一路オールドデリーへ。インドと言えばリキシャーです。自分達のライドの前に、まずはサイクルリキシャーに乗って路地裏めぐりに出発!バスは、並木道が美しく整えられたニューデリーを通過し、混沌とした雰囲気が色濃く漂うオールドデリーへ。ここはイスラム教徒が多く住む地域です。インド最大のモスク「ジャマ・マスジッド」の前から、2人ずつ、サイクルリキシャーに乗り込みます。細い路地裏を勢いよく走って行くリキシャーの列。これぞインド!な光景が次々と目に飛び込んできます。オールドデリー体験は、いつ行ってもこの上なくディープで刺激的!!

貫禄のドアマンに見送られてホテルを出発

オールドデリーの様子

木陰の床屋も繁盛してます

サイクルリキシャー

通りは常に大渋滞

細い路地をすり抜けて走ります

オールドデリーの中心部にある、インド最大のモスク「ジャマ・マスジッド」。

モスクにて

はい、チーズ!!

至るところで見かける長蛇の列は、紙幣の交換のために銀行の窓口に並ぶ人!!

長蛇の列は、銀行待ち!

前の人にピッタリくっついて並ぶ人々

おまちかねのランチは、カレー&タンドリーチキンです。
程良い辛さとスパイスのミックスが絶妙で、ビールやワインがすすみます。

キングフィッシャーで乾杯!!

チキン、ほうれん草、豆のカレーたち

こんがり焼けたタンドリーチキン

その後、国内線でブルーシティ、ジョードプルへ。
ジョードプルの空港は、建物がとてもかわいらしい。(*実は撮影禁止です。撮ると怒られます)

国内線でラジャスタン州へ

ジョードプル空港

近隣の村に立ち寄り、村長さんのお宅にご挨拶に伺いました。ここは、一年前のロケハンで自転車の調整をさせて頂いたところ。約束通り仲間を連れて帰ってきましたよ~。スパイスたっぷりの甘いマサラチャイとスナックで歓待してくれました。好奇心旺盛な子供達がみんな集まってきました。

村長さんのお宅訪問

ちょっと長居をしてしまい、すっかり暗くなってから、今宵の宿へ。
おとぎの国に出てくるような可愛らしい佇まいの門をくぐると、そこは別世界。
この地の領主であるマハラジャの邸宅を改装したヘリテ-ジホテルです。
現在も同じ敷地内にオーナー家族が住むこのお屋敷は、なんと1622年に建てられたもの。
15年近くかけて丁寧に補修・改装され、1990年にホテルとしてオープンしました。

城壁の門のようなエントランス

お部屋はすべてデザインが違います。
コートヤードでは民族音楽が演奏され、夜は更けて行きます。
ライトアップされたプールが幻想的。

今日はウェルカムディナー。
ようこそインドへ!ようこそマハラジャの国へ!!

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6677-7773

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

03-6677-7773

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。