おすすめホテル

ランバーグパレスホテル
ジャイプール

「マハラジャの宮殿を改装したヘリテージホテルのパイオニア」

ランバーグパレスは、王侯貴族の館を改装してホテルとして営業する、というビジネスモデルをインドで最初に実現したホテルです。その後、多くの宮殿や個人の邸宅が改装され、ヘリテージホテルとして登場しましたが、ランバーグはそのエレガントな美しさで、今もインドを代表する本物の宮殿ホテルとして知られています。

「ロイヤルファミリーの歴史を刻む宮殿」

前身となる建物がこの地に誕生したのは1835年。最初は王妃のお気に入りの侍女が住む住居として建てられました。今はすっかり新市街の中心部となっていますが、当時はまだ手付かずの自然が残る森の中。王族が狩を楽しむ場所だったため、後に改装されて、ハンティングロッジとして利用されるようになります。その後、マハラジャ・サワイ・マン・シンⅡ世が王妃と住むために増改築され現在の宮殿の姿になりました。マハラニ・ガヤトリ・デヴィは「世界一美しい王妃」と称された伝説の人で、ランバーグの物語は彼女の存在なしには語れません。120年以上に渡り王族の生活の一部だった宮殿が、改装されてホテルとしてオープンしたのは1957年のこと。その後、エリザベス女王やジャクリーン・ケネディなど、世界中のVIPをもてなしてきました。

「豪華な中にも落ち着きある佇まい」

ランバーグパレスの魅力は、何といっても、実際にマハラジャ夫妻が暮らしていた宮殿に宿泊できること。ロイヤルファミリーの歴史とともにジャイプールの変遷に触れることができます。部屋数が78と、それほど規模が大きくないため、プライベート感があり静かで落ち着いた時間が過ごせます。宿泊客にホテル内を案内しながらロイヤルファミリーにまつわる話を聞かせてくれる館内ウォーキングツアーもおすすめです。

マハラジャ・スイート、マハラニ・スイートなど個性的な11種類のスイートは100-140㎡とゆったりしたスペース。内装や雰囲気がすべて異なるのも、個人の邸宅だったヘリテージホテルゆえの贅沢です。豪華な天蓋付きベッド、重厚な調度品やインテリア、壁を飾る王族の写真や肖像画などが当時の雰囲気を忍ばせます。ラグジュアリールームや、ベースカテゴリーのパレスルームでも、ゴージャス感は十分過ぎるほどです。

「レストランやバーも、ゴージャス&スタイリッシュ」

豪華なシャンデリアに囲まれた煌びやかなスバルナ・マハル、オールデーダイニングのラージプート・ルーム、軽く済ませるなら、広々とした緑の庭園を望むオープンエアのヴェランダ・カフェで。ポロクラブのトロフィーが飾られた・ポロバーは、カフェとしても利用できます。庭を歩くと、蒸気機関車とプラットホームを再現した、列車の中でドリンクが楽しめるユニークなバー、スティームもあります。ホテル内にはジュエリーショップが数件あり、入口横のショッピングアーケードには雑貨や洋服などのショップが揃います。 

新市街の中心部にあり、観光地や有名ショップへのアクセスが良いのも大きなメリット。街の喧騒に疲れたら、ちょっと戻ってきて一休みするにもベストなロケーションです。世界でもここでしかできない、特別なホテルステイを心ゆくまで楽しめます。

 

 

*****************************************

●全78室
Suite 100~140㎡
Luxuary Room 約50㎡
Palace Room  33㎡

●レストラン、バー
Suvarna Mahal フレンチインディアン
Rajput Room  マルチキュイジーヌ
Verandah Café カフェ、軽食
Steam  バー、軽食
Polo Bar バー 

●その他の設備
スパ、プール(屋内、屋外)
ショッピングアーケード

 

 1957年開業(1835年築)
https://taj.tajhotels.com/en-in/taj-rambagh-palace-jaipur/

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6677-7773

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

03-6677-7773

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。