おすすめホテル

インペリアル/ニューデリー

「インドの歴史を刻む、格調高きヘリテージホテル」

首都ニューデリーの中心部にあるコンノートプレースは、海外のファッションブランドやレストランが立ち並ぶ一大ショッピングエリア。そこから南に伸びる大通り、ジャンパト沿いに、コロニアルスタイルの美しいホテル、インペリアルがあります。

車が門をくぐると外の喧騒が嘘のように消え、ヤシの木が並ぶ通りの向こうに、白亜の建物が姿を現します。ビクトリアンとアールデコを融合させた建築は、クラシカルで優雅。古き良き時代の趣を残したままにレストアされ、新しく近代的なホテルが続々とオープンするデリーにあって、今日でも首都を代表するホテルとして不動の人気を誇ります。

「激動の歴史の舞台に」

美しい建築と行き届いたサービスはもちろんのこと、このホテルを特徴づけるのは、その歴史的価値です。首都をカルカッタからニューデリーに移すために作られた、新しい都市計画の一部として、このホテルは重要な位置を占めていました。 

そして、ほどなく訪れるインド独立のための話し合いでも、ここが舞台となります。バーPatiala Pegは、ガンジー、ネルー、ジンナーが集まり、インドの独立とパキスタンの誕生が決定された場所。彼らが集ったテーブルは今でもそのまま使われ、歴史の流れを静かに見つめています。

「部屋の内装はシックで落ち着いたスタイル」

イタリアの大理石が美しい床、フランス製のベッドリネン、ビルマのチーク材で作られた家具など、上質なものをシンプルに配置したシックな内装が居心地の良い室内。全室に大理石のバスタブが備え付けられています。

興味深いのは、女性おひとりさまのセクションがあり、女性専用のスイートがあること。部屋の内装は淡いピンクで、マニキュアセットや女性誌を部屋に揃え、ピンクのおしゃれなルームウェアが用意されています。アメニティーもファッショナブルで上質なものをセレクト。女性のシングル利用の場合、ルームサービスなどの来室は24時間すべて女性スタッフが対応し、外部からの電話も、リクエストに応じて内容をチェックしてから繋いでくれるというサービスもあります。ぜひ一度はお姫様気分で滞在してみたいもの。

「インペリアルならではのダイニング」

「1911」はオールデーダイニングのレストラン、軽食やお茶が楽しめるヴェランダのラウンジ、バーの3つを備えた店です。店名は、ニューデリーが首都として誕生した西暦年。壁一面に当時を物語る写真が飾られ、深紅のコートに金ボタンというユニフォームのスタッフが行き交う店内は、正にインペリアルの名に相応しい雰囲気。 

タイ、ベトナム、マレーシアなど、東南アジア料理で有名なレストラン「スパイス・ルート」は、店内そのものが芸術作品。内装に7年をかけて作られました。柱は、天然の顔料だけを用いてすべて職人の手で描かれた、ケララの伝統的なデザインで埋め尽くされています。料理も数々の賞を受けた折り紙付きの味です。

街灯が並ぶショッピングアーケードも、静かに買い物が楽しめるおすすめエリア。ラグジュアリー感あふれるスパは宿泊客専用。女性だけでなく、カップル向けのトリートメントや男性向けのメニューも充実しています。

*****************************************

●全233室 うちスイート43室 全室バス付
Deco Room
The Imperial Room
Heritage Room
Grand Heritage Room
Eliza Room (女性専用)
Heritage Suite
Deco Suite
Luxury Suite
Royal Imperial Suite 

●レストラン、バー
The Spice Route  東南アジア
1911 Bar      バー
1911 Restaurant   マルチキュイジーヌ
Nostalgia          フレンチブラッスリー
Daniell’s Tavern     インド料理
The Atrium         ティーラウンジ
Patiala Peg           バー
San Gimignano     イタリアン
La Baguette          ペストリーショップ 

●その他の設備
プール、スパ、サロン、ジム、ヨガサロン

 

1936年開業
http://www.theimperialindia.com/

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6677-7773

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

03-6677-7773

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。