セレブ・インディア

東京都台東区上野5-5-10 御徒町永谷タウンプラザ905
受付時間:10:00-18:00(土日祝日を除く)

お気軽にお問合せください

03-6677-7773

【臨時休業のお知らせ】      2019年12月19日(木)は臨時休業とさせて頂きます。
【年末年始休業のお知らせ】    2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで、冬季休業とさせて頂きます。
                                                   メールでのお問合わせは随時受け付けております。

お客さまの感想・レポート

2017年8月 世界遺産 アジャンタ&エローラの旅 4泊6日
東京都在住 田 光仁 様

世界遺産 アジャンター遺跡

アウランガバードで出会った女の子と。

 

【インドに興味を持ったきっかけ】
ボリウッド映画を観て、ハリウッドや日本の映画にないインド独特の魅力にはまり、沢山の映画を観る中でインドの文化に触れたくなりました。

インドの文化は宗教無しでは語れないと思い、まず、ヒンドウー教、仏教、ジャイナ教の遺跡がある、世界遺産エローラとアジャンターを訪ねようと思いました。

《1日目》
デリー空港到着。成田からの飛行時間は約9時間半。ボリウッド映画を3本も見てしまいました。
不思議な手の形は「お迎えに来たよ」の意味だそうです。私の常識を超えた入国審査エリアは面白い!
通関を済ませた後、ムンバイ行の国内線に乗り継ぐため、国内線出発フロアに移動しました。

2時間程度でムンバイ空港到着。空港は、アートが満載で、まるで美術館のようでした!!

デリー空港

ムンバイ空港

ムンバイ空

早朝、ホテルに向かう途中飲んだ激ウマのチャイ
 

《2日目》
早朝の国内線でアウランガバードへ。この日は一杯のチャイから始まりました。タクシードライバーに連れて行ってもらったチャイ売り場は、お客さんは沢山いましたが、見た目がボロく心配でした。ところが、飲んでみると、とても美味しい!! 何度も自分で作って飲んでいたチャイですが、地元のチャイの味は想像していたレベルの何倍も美味しかったです。

世界遺産アジャンタ遺跡へ。この時期はインドでも1週間程のホリデーらしく、地元の人が沢山いました。若者に「一緒に写真を撮らせて下さい」と声かけられ、ちょっとしたスター気分になり嬉しかったです。その後は私から一緒に写真を撮っても良いかと声をかける様になりました。笑顔で写真を撮ったおかげで、暑さで疲れた体も元気になりました。

アジャンターの石窟をビューポイントから眺める

別の角度から見るアジャンター石窟

地元の若者と一緒にたくさん写真を撮りました

第16窟のエレファント・ゲート

石窟の入口

U字型になった遺跡群の真ん中に流れる川の景色

《3日目》
3日目は、世界遺産エローラ遺跡へ。
ヒンドゥ―教、ジャイナ教、仏教の彫刻が、一同に集まる遺跡。スケールの大きさや彫刻の細かさに感動しました。

道中に見えるダウラターバード砦は、エローラからの帰りに見学

エローラ遺跡最大の見どころ、迫力のカイラーサナータ寺院

インド人観光客グループと一緒に

シバリンガが置いてある神殿

《4日目》
4日目は、アウランガバードの市内観光を楽しみました。
タージ・マハルにそっくりのビービー・カ・マクバラー。建造費の不足で、タージ・マハルに比べると随分貧弱ではありますが、地元では人気の観光地で、多くの人で賑わっていました。中に入ると下階に墓があり、その上にはお金がいっぱい投げられていました。お金を投げる習慣はどの国にもあるようです。

タージ・マハルを見本に作られたビービー・カ・マクバラー

階下の霊廟は、まるで巨大な貯金箱

デリーに戻るため空港に向かう途中、タクシーの運転手さんが自分のお家に招待してくれました。イスラム教の家族で壁一面にコーランが書かれていました。

一所懸命笑顔を作ろうと頑張った。

タクシードライバさんの家族

《5日目》
デリーでは、世界遺産のクトゥブ・ミナールを見学しました。

大きい塔の左側が1500年間も錆びていない鉄の塔

イスラムのコーランが刻まれていて不思議な趣がある塔

4泊6日でアウランガバード、アジャンター、エローラ、デリーを見る、駆け足の旅でしたが、見ごたえがあって大満足でした!! ただ、時期的に暑く日差しも強かったので、長時間歩き回って体力を消耗しました。ここをゆっくり見るなら冬がおすすめです。
インドは広いので、時間を取ってゆっくり回れたら面白いと思いました。
次はガンジス川を見てみたいです!!
03-6677-7773

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。