セレブ・インディア

東京都台東区上野5-5-10 御徒町永谷タウンプラザ905
受付時間:10:00-18:00(土日祝日を除く)

お気軽にお問合せください

03-6677-7773

【臨時休業のお知らせ】      2019年12月19日(木)は臨時休業とさせて頂きます。
【年末年始休業のお知らせ】    2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで、冬季休業とさせて頂きます。
                                                   メールでのお問合わせは随時受け付けております。

心身のリセットと深い癒しが得られる
聖者ゆかりの地でのヨガと瞑想体験ツアー
2017年9月17日(日)~23日(土・祝)
廣澤先生のツアーレポート

初日のデリーのホテルは、まるでミュージアムのようなスタイリッシュなホテルで一泊。
到着後ヨーガクラスでフライトで固まった身体を緩めてゆっくり休みます。

食事も種類が豊富で美味しいです。見た目も可愛い。

NHKのカルチャークラスのベテランT先生はインドでの修行体験も豊富。それでいてかなり面白い!!

ユーモア、笑いオリエンタルアプローチはそれが結構大事な要素♪

翌日は国内線を使ってデラドゥーンまで、約45分ほどであっという間に到着。
そこからリシケシまでは車で約30分。

速い!!

以前はデリーから車で78時間かけて行っていましたが、その移動時間の短縮で、身体も全然ラク 時間も有意義に使えます!ついたその日からシヴァナンダアーシュラムのプログラムに参加。 

リシケシ滞在は最高のロケーションで、綺麗なアーユルヴェーダスパ付きホテル「サンスクリッティ」です。

ここ、サンスクリッティはもともと、もう一つあり、そこはその昔はあるアーシュラムの宿舎で私がよく一人で滞在していた思い出の場所。後に経営が変わりオシャレなアーユルヴェーダスパ付きホテルに生まれ変わり、さらに今回は最近出来たサンスクリッティの新しいホテルにグレードアップ。

ここは食事も最高のアーユルヴェーダ食で、どれもスパイス、塩、油が控えめで、野菜の素材の味を活かした本当に贅沢なお料理ばかりです。大抵インドのホテルやレストランの外食だけで過ごすと消化力が落ち、胃腸が疲れてくるものですが、私はインド滞在中にどんな食事をしたら満足で身体が元気でいられるかを考えてメニューも毎回自ら、皆さまの様子を見ながらチョイスさせていただきます。

リシケシ初日はアーシュラムのガンジス河への火の礼拝、アラティを全員が体験させていただけることになり神聖な気持ちでリトリートはスタートとなりました 。  

翌朝は5時からアーシュラムの瞑想に参加し、終わった後は寺院ににお参り。

それが終わると6時半過ぎ、ちょうど朝日が上がり始めると、わたしのオススメスポットで沐浴します。 

そうして私たちの清々しい一日はスタートします。

私たちのリトリートはシヴァナンダアーシュラムと、そこでハタヨーガを教えていらしたスワーミ・ヴィシュワルーパナンダジがおられるマンガランヨーガピートでのサーダナプログラムで実践体験を毎日規則的に繰り返します。 

朝9:30から11:30くらいまで午前中はアーシュラムでスワーミジのヨーガクラス。前半はスピリチュアルディスカッションから始まります。

 「なぜヨーガの実践をしますか?」から始まり、「心とは何か?」「苦とは何か?」「LOVEとLIKEの違いとは?」ヨーガの経典、哲学のエッセンスが散りばめられたスワーミジのお話しは、私たちの生活でも身近なテーマなのでとても分かりやすく、でもハッ!と気付かされるような内容です。

 度々みなで顔を見合わせては、「本当だぁそうだぁ」と、自分自身に当てはまる内容にどんどん引き込まれていきます。

そして実際にアーサナ実践を通して、その事を体験として味わうのです。スワーミジのヨーガは様々なポーズをしながら気づきのトレーニングをする、まさに瞑想です。

リシケシ周辺にはまだまだ観光の人々が行かない、純粋で波動の高いスピリチュアルスポットが存在します。私のお気に入りの場所もリシケシ周辺に多くありますが、今回はリシケシ3大聖者(そのうちのお一人はスワーミ・シヴァナンダジ)のお一人プルショッタマナンダジが瞑想していた洞窟へ皆さまをご案内しました。ここには南インドの有名な神の化身と言われた聖者も訪れています。

 その日は10数年来のご縁であり、極寒の冬のヒマラヤで若い頃から修行をされているスワーミジがご一緒してくださることになりました。

この洞窟には、ここを守るアーシュラムが隣接しそこの管理をされているお年を召したスワーミジがおられます。私は以前何度かダルシャン(謁見)をさせていただいており、今回もラッキーなことにご挨拶をさせていただくことができました。

そうして私たちは洞窟の内部の一番奥、かつて聖者が座っていた場所を囲むように座りしばらく瞑想させていただいたのです。

 そのメインの洞窟の周りには実はいくつか素敵なスポットがあります。
スワーミジの導きで私たちはさらなるパワースポットへ。 

五感を通じて美しい神聖な印象を焼き付けて。

ホテルでは毎日生演奏とミュージッククラスがありました。

そして、マンガランヨーガピートではヨーガ健康菜食クッキングクラスも。

サンスクリットのヴェーダマントラはプージャがご専門であるスワーミジにレッスンしていただくよう特別リクエスト。

 

              そして最後までガンジス河とともに。。

私が提案するのは、心身をリセットしてゼロに戻すリトリート。
全てを手離しても自分の内にすでにある可能性と出会う内への旅。
それは得る旅ではなく捨てる旅。受け入れる事を学ぶ旅なのです。

また行きましょう。
Hari Om Tat Sat, 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6677-7773

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

03-6677-7773

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。