セレブ・インディア

東京都台東区上野5-5-10 御徒町永谷タウンプラザ905
受付時間:10:00-18:00(土日祝日を除く)

お気軽にお問合せください

03-6677-7773

【臨時休業のお知らせ】      2019年12月19日(木)は臨時休業とさせて頂きます。
【年末年始休業のお知らせ】    2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで、冬季休業とさせて頂きます。
                                                   メールでのお問合わせは随時受け付けております。

オリジナル企画 ツアーレポート

インド料理学校短期留学ツアー 3泊5日

カレー総合研究所所長であり、カレーについての知識を深く体系的に学べる、カレー大學の學長、井上岳久氏の企画協力による、カレーを愛してやまない人のためのスペシャルプログラム。井上氏の引率の元、デリーのみに滞在し、スパイスとカレーにスポットを当てて、ひたすら食べまくった5日間となりました。

参加者はプロのシェフやレストランオーナーの方もあり「インドで、本場のスパイスの使い方を学びたい」というリクエストに応じて、料理学校で特別カリキュラムを組んで頂きました。その他、一般家庭での料理研修や、スパイスマーケット探訪、地元の人気店の食べ歩きなど、3泊5日でこれだけ出来る!という密度超濃のツアーでした。

●料理学校編
今回通った学校は、5つ星ホテルのシェフを多数輩出している本格的なプロの料理人養成機関です。
毎日5品、計15品を3日間の講習で学びました。メニューは日本でもおなじみの、バターチキン、ほうれん草カレー、タンドリーチキンなど、オーソドックスなものを中心に、日本でも応用可能なものを講習頂きました。
まずは、インド式の歓迎とウェルカムドリンクからスタート。
実習の前に、スライドを見ながらインド料理の概要と、スパイスに関する講義、今日の実習メニューに関する説明を受けます。多様な質問に丁寧にお答え頂きました。

インド式の歓迎の様子

実習前にレクチャーを受けます

画像が美しいスライド

さて、いよいよ実習のスタート。エグゼクティブシェフ自ら講習を担当され、ジョークを交えた軽快なトークでわかりやすく説明して頂きました。サブ講師もインドの名門ホテルの出身者で、次々と手際よく作業をこなして行きます。

シェフがテキパキと進めます

バターチキンの鍋

材料の説明を受けます

こちらはタンドール窯を使った実習です。長い串に刺すのは以外と難しい!?

チキンとカリフラワー

串刺しにチャレンジ

窯の中でこんがり焼きます

全員でチャパティを練ります。インドの家庭では毎食時に、粉から練って焼き立てを食べます。
しっかり膨らませてから焼き色を付けます。うまく焼けるかどうか?

講師の手本を見ながら生地伸ばし

このような形になります

うまくふくらんでます

実習終了後は、お待ちかねの試食タイム。
どの料理も日本人の口に合う優しい味に仕上がっていました。
通常は劇甘のインドデザートも、甘さ控えめでお代りを頂いたほど。

本日のメニュー♪

試食タイム

デザートも美味!

●一般家庭訪問編
奥様がインテリアデザイナーというこちらのお宅は、内装がとても素敵!
家の中に入った途端に目に飛び込むスカイブルーの壁だけでなく、ドアノブや食器棚の取っ手、キッチンのキャニスターや小物など細部に至るまで、センスの良いもので埋め尽くされています。
ご夫婦ともに食に対するこだわりが人一倍強く、昔ながらのレシピを手間ヒマかけて作るお料理は、とても優しい味。健康に良い素材を厳選して使っているそうです。

お茶とスナックでくつろいだ後、今日の料理に使用する材料の説明をして頂き、キッチンでの作業を
交代で拝見しました。インド家庭のキッチンには、使い慣れたたくさんの種類のスパイスがズラ~っと並んでいます。こちらも正にその通り。

自分達の家庭の味を大切にするインド人にとって、外食はまだまだ一般的ではありません。レストランと違うのは、シンプルな素材を丁寧に扱うこと。普段はなかなかお目にかかれない、こだわり家庭料理を堪能させて頂きました。

チャーミングなご夫婦

材料と作り方の説明

キッチンでのデモ

本日のお料理

各自取り分けます

赤いビンディ―が目立ちます

●スパイスマーケット編
オールドデリーのマーケットは、買い出しに来た人々でどこもかしこも大混雑。
結婚式の招待状屋の通り、本屋の通り、金物屋通り、など通りによって、同じアイテムを売る店がズラリと並んでいます。いろいろ見比べて買えるのはとても便利です。

案内人の地元シェフが連れて行ってくれたのは、通常のスパイスに加えて、ミックスマサラを豊富に扱うお店です。店先には、11月に行われるインド最大のお祭り・ディワリに使われる、ドライフルーツやナッツをプレゼントするためのカラフルなボックスが山積みでした。

商品が並ぶ店頭

店内で説明を受けます

赤トウガラシ市場

●デリー食べ歩き編
*ストリートフード

アジアの国々の魅惑の食べ物・・・それは道端で売るスナック。インドには美味しいストリートフードがたくさんあるのですが、やはり衛生面を最大限考慮して、店とメニューを厳選する必要があります。

欧米人向けのフードツアーを数多く手がける料理人の案内で、ストリートツアー開始です。まずは、定番の揚げ物スナック、サモサとカチョリ。どちらも茹でた野菜で作った具を小麦粉の皮で包んで揚げたもので、おやつにピッタリです。固めにじっくり揚げたカチョリはコリアンダーソースをかけてどうぞ。

炭火で焼いたサクサクのサブレや、フルーツサンドなどを試食し、デザートはインドのアイスクリームです。

サモサとカチョリ

さくさくのサブレ

インドスイーツ

*特大サイズのナンを発見!!
ファミリーサイズのナンが食べたい!という希望をついに成就。奥の厨房では、アメリカンピザさながらに、手首のスナップを利かせて生地をクルクル回しながら空中に投げて広げる料理人の姿が見られます。待つことしばし・・・

そして、ついに巨大なナンとご対面です。6~7人分はあるでしょうか?一般的なフワフワ生地と違い、カリッと香ばしく焼かれていました。

くるっと回して広げます

超特大サイズ!!

なかなかなくなりません

●ショッピング編
最後はショッピングモールで、お土産購入タイム。モール内にはスーパーマーケットもあり、食料品も買えます。こちらのスーパーは富裕層向けのかなりおしゃれな品揃えです。インドには大型のモールがいくつもあり、映画館、フードコート、ショッピングエリア、イベントエリアなどが充実しています。インドならではお店もたくさんあり、数時間の滞在ではとても足りない?!

ファンシーなスーパー

スパイス売り場

フルーツ売り場

そして、買い込んだ荷物を持ってデリー国際空港へ。
ご参加頂いた皆さま、大変お疲れ様でした!!
                                     2015年10月催行
************************
**********************


インドでカレーとスパイスを極める旅は、まだまだ続きます。
セレブ・インディアのスタッフも、もっと多くの方に安心して楽しんで頂けるツアー内容を日々練っています。
本場で美味しいカレーを食べたい方、お問い合わせをお待ちしております。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6677-7773

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

03-6677-7773

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。